自分のお肌に合うシミ消す方法で美肌を目指しましょう!

2015年07月04日

ストレス対策をしてシミを作らせない

シミが出来る原因は主に紫外線と言われていますが

実は、ストレスも関係している事が分かっています。

ストレス社会である現代ですから沢山さんの人達がストレスは抱えていますね。

ストレスから来る体調不良と言えば胃痛や生理不順などが報告されていますが

お肌のニキビや肌荒れなどのトラブルを抱えている女性も多いでしょう。

その中でもおでこに出来たシミはストレスが原因だと言われているのです。

この結果は、カネボウ製薬が20〜50代の135人の女性を対象による調査結果に

よると、肌の状態、ストレス、血中ビタミン濃度の関連について調べてみた所

ストレスを強く感じている人程おでこにシミが出来きているという結論が出ているのです。

この事から、ストレスを解消すること、ストレスに負けない方法を身につけておくことが

シミを作らせないストレス対策と言えるでしょう。

上手にストレスと向き合っていくことが、効果的なアンチエイジング方法だと言えるのです。

では、具大的にどんな風にしたら良いのでしょうか??

人によってストレス解消方法は異なりますが

自分の好きな趣味に没頭したり、運動で気分転換したり、入浴や睡眠でリラックス

するのも効果的ですが、私がオススメしたいのは笑うことです。

笑顔には、ストレスを軽減させ心拍数を落ちつかせたり、脳内の快感物質を促進する

効果あるという結果があるのです。

口角を上げる事により大頬骨筋という表情筋を動かすことで筋肉が鍛えられ

シミやシワなどを予防出来ると言われているのです。


この筋肉を動かせば、ますますアンチエイジング効果を得ることができるのです。

アンチエイジング方法の中でも、笑顔はお金も道具もいらないのでオススメです。

アクセスアップ
posted by 雪 at 14:50 | TrackBack(0) | シミ・ソバカス対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月08日

紫外線は肌にどんな影響を与えるのか

730b6a9aef363a37d5149878f964a9f1_s.jpg

地表に到達する紫外線UVAUVBの二種類ですが

それぞれお肌にはどのような作用があるでしょう。

紫外線A波浴びた肌は日焼けをし、しわやたるみが目立つようになります。

即効性のある日焼けは紫外線B波です。紫外線は、曇天でも、ガラス窓越しでも

皮膚にまで届きますので、お肌を紫外線からガードする時には要注意です。

紫外線対策は、曇り空だからといっていい加減にしていいものではありません。

紫外線B波は、肌の炎症やそばかす、しみを増加させることがあります。


UVBは波長が比較的短いために真皮層にまで到達することはありません。

しかし表皮への影響が強いために、数時間後に肌が赤くなってしまうこともあります。

日焼けによってしみやそばかすが増加するのは、UVBの作用でメラニン色素が増加するためです。

人の皮膚は、一見しただけではわからずとも、徐々に紫外線の変化を被っています。

ある時気づけば紫外線による肌の老化が進行していたということになります。

肌を守るために、紫外線をシャットアウトしましょう。

紫外線カット効果があるスキンケア用品やメイク用品を用いたり

紫外線対策の日傘やサングラスなどがいいでしょう。

夏場でも紫外線に肌を長時間さらすことがないように、衣服をチョイスするなどの工夫が大事です。

今回のおさらい

紫外線にはUVAとUVBの二種類がありそれぞれ肌への悪影響がある。

予防するには、とにかく紫外線カットを念入りに行う。



アクセスアップ
posted by 雪 at 13:32| シミ・ソバカス対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月08日

紫外線が肌によくない季節

619518587ed033f2ec4579581269ae08_s.jpg
紫外線の日焼けの原因になることから夏になると気にかける人が増加します。

季節が夏にちかづくにつれ、お店で売られるUV商品も多くなります。

紫外線が強烈になる季節は夏ですが夏に限らず紫外線は肌に降り注いでいます。

夏ほどの量ではなくても、年間いつでも紫外線はあるのです。

一番多い季節は6〜8月ですが、3月からもう用心する必要があります。

冬であっても、紫外線B波はピーク時の20%は地表に届いていますし

紫外線A波に至ってはその半分が地表に届いているといいます。

お肌を紫外線からガードしたいのであれば、夏出なくても紫外線対策を講じておくべきです。

季節による影響だけでなく、様々な条件に紫外線の量は左右されると言われています。

天候や時間帯だけでなくどの地域に住んでいるかによっても紫外線の量は異なっています。

太陽光の照り返しや、高さなどの要素によっても紫外線の量は異なります。

遠出をしたら、出先で日焼けをしたという話もあります。

普段と違う場所で、ルーチンと違う行動をとったら紫外線を浴びてしまったということもあります。

紫外線は、季節でも、時間でも、土地でも、それぞれの量があります。

その時々で条件が異なることを理解した上で、常に紫外線への対策を忘れないことが

お肌を紫外線からガードするためには必要です。

今回のおさらい

1紫外線は年間通りして降り注いでいるので日焼け止めは欠かさない。

2紫外線はその時々の条件によって量が異なることを踏まえて紫外線対策をすること。



アクセスアップ
posted by 雪 at 13:28| シミ・ソバカス対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。