自分のお肌に合うシミ消す方法で美肌を目指しましょう!

2015年05月23日

レーザーによるしみ治療

レーザーを使ったしみの治療法があります。

年をとると、だんだんとお肌のしみが気になります。

Qスイッチルビーレーザーというレーザーを使うしみ治療に関心が集まっています。

肝班を除き、様々なしみにレーザー治療は用いられています。

光治療でもしみに対しては対処ができますが

光では効果が十分でないような濃いしみでもレーザーは役立ちます。

Qスイッチルビーレーザーを用いたしみ治療は

しみを一つ治療するのに数十秒で済んでしまうと言われています。

治療に際して痛みはありますが、輪ゴムで皮膚を軽く弾いた程度です。

レーザー治療での痛みは、光治療での痛みより強めですが

麻酔クリームを使えばあまり痛みは感じません。

しみの治療のためにレーザーを使うことで

短時間で、さほど回数を重ねずとも治療をすることができます。

治療回数が一度きりでも、かなりの効果が上がります。

光治療は肌荒れを起こしやすいという人も、レーザーでの治療が受けやすいようです。

しみが濃くない時にレーザー治療を行うと

しみの部分が目立つようになってしまうこともありますので気をつけることです。

レーザーでのしみ治療では、まずメイクを全て落とし

麻酔クリームを塗り付けた上でレーザーを皮膚にあてていきます。

治療部位にばんそうこうをして、治療完了です。

しみの治療をしたいと考えている人は、レーザーを使うことも考えてみましょう。


アクセスアップ
posted by 雪 at 14:28| シミ消し方法 レーザー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月07日

光によるしみ治療

最近は、光を使ったしみ治療が関心を集めています。

光とはIPLという特殊な光のことで、この光をお肌に照射してしみを治します。

お肌にしみができるのは、メラニン色素が沈着するためです。

IPLではメラニン色素を壊し、コラーゲンの生成を活発にして肌を引き締めます。

波長の差が、レーザーと光の異なっている部分です。

レーザーの方が波長が強いため、光のは肌の浅い範囲に効果があります。

光は、しみ治療をした時にテープをつけなくてもいいというものです。

一回の照射は1p×2pで、顔の広い範囲を治療することが光ではできるでしょう。

顔の広い範囲にしみ治療をすることによって、皮膚の透明感が増したり、弾力が高まったりします。

光による治療は、レーザー のような強い出力は持たないので

皮膚の深い部分にまでは効果は及びませんが、濃いしみに対しても十分に効果は発揮します。

日本人のお肌の特性に合わせてつくられた、ライムライトという光治療の装置があります。

ライムライトは、個々人の肌の状態や色に合わせて設定を変えることで

薄いしみでも無理なく治療ができます。肝班というしみを治療することもできます。

光治療を施した後は、しばらくの間は患部に無用な刺激を与えないようにします。

しみがかさぶた状に浮き上がり、勝手に剥がれ落ちるまで手を触れないでそっとしておきましょう。

光でのしみ治療は、気軽に利用することが可能ですので

関心がある人はクリニックなどで聞いて見るといいでしょう。

アクセスアップ
posted by 雪 at 14:35| シミ消し方法 レーザー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月18日

シミをレーザー治療で取るには失敗や副作用はある?

シミをレーザー治療で取るには失敗や副作用はあるのでしょうか??

根深いシミには、美白化粧品や内服薬でシミを消す事には限界があるのです。

美容皮膚科医でレーザー治療だと根元からシミをキレイに取れると言われています。

レーザー治療は、費用は美白化粧品などに比べて高めですが

治療中に痛みや出血もほとんどなく施術時間も10分〜30分程度と

短時間で出来るため忙しい女性に人気が高いのです。

ですが、こういった最新機器を使ったシミの治療には失敗や副作用が起こるという

リスクがあることも承知の上で治療を受けなければなりません。

シミの中では、肝斑はレーザー治療に適さないと言われています。

医師でも肝斑かどうかを見極めることが難しいため誤ってレーザーを

治療を受けてしまい肝斑が以前より悪化してしまったという事例もあるのです。

ですが、現在では肝斑専用のレーザー治療器も開発されいるので

導入されているクリニックを選ぶ方が安全だと言えるでしょう。

また、副作用ではレーザー治療が刺激になりメラニン色素が増えてしまい

シミが濃くなってしまう色素沈着や患部が火傷や赤くなってしまうなどの炎症が

起こることあるのです。

これらは、一時的な症状と言われており個人差はありますが2〜3ヶ月で

元に戻りシミが消えると言われています。

その間は、処方されたクリームやビタミン剤で患部のアフターケアも必要になります。

患部を刺激しないように紫外線対策もしっかり行わなければいけません。

これらは、医師によって指導してもらるのですがいい加減だったり未熟な医師だと

肌トラブルが起こることも考えられるのでクリニックを選ぶ際は、時間をかけて

信頼できる美容皮膚科医を選ぶようにしましょう。

アクセスアップ
posted by 雪 at 14:57| シミ消し方法 レーザー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。