自分のお肌に合うシミ消す方法で美肌を目指しましょう!

2015年05月07日

経口と外用薬によるしみ治療

お肌のしみ治療に関心があるという人が少なくないですが

しみ治療にはどんな方法があるでしょう。

皮膚科で薬を出してもらって、しみを治療するという方法があります。

美白効果のある化粧品なども販売されていますが

もし半年以上効果がなければ、病院でのしみ治療のほうが効果的です。

医師から処方されるしみ治療の薬としては、ビタミンCが多いようです。

しみをつくるメラニン色素を減らす効果があります。

肝班に効果があるというトラネキサム酸

薬としてよく用いられています。

しみ治療では、内服薬と外用薬を併用するのが一般的です。

塗り薬に使われる成分は、ハイドロキノンとレチノインです。

表皮に沈着しているメラニン色素に対してはレチノイン酸が効果的 です。

レチノインを塗ることで表皮細胞の活動を活発にし

新陳代謝を高めて新しい皮膚をつくるように促し

古くなった皮膚と共にしみを体外に出します。

しみのない白い肌にする効果がハイドロキノンにはあるため、肌を白くしたいところに塗ります。

医師から処方された薬は、言われた通りに使うことが大事です。

間違えた使い方をすると肌に負担になるでしょう。

ケミカルピーリングは、外用薬を用いた代表的なしみ治療法です。

しみの沈着した角質層に対して酸を含む薬剤を使うことで

古くなった皮膚を取り除き、新しい皮膚ができるように促すという治療方法です。

ケミカルピーリングを行った後の皮膚は刺激に弱いので、しみの治療後は注意しましょう。

アクセスアップ
posted by 雪 at 14:21| シミ消し薬  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月18日

シミ消し方法 薬を飲もう︎

前回、「シミを防ぐ食べ物」の中で

シミを消す作用とシミを予防の効果を発揮する成分としてビタミン類や

L-システインなどを食事に取り入れると効果的と書きましたね。

しかし、日常生活の中でビタミン類やL-システインなどを栄養素する食べ物を

普段の食生活取り入れるのは非常に難しいものなのです。

皆さんもご存知だと思いますが、ビタミンCは、非常に壊れやすい栄養素でもあるので

その働きを補ない促進する作用を持つ栄養素と一緒に

摂取しないとシミを消す効果が半減する可能があるのです。

そこでオススメなのはシミを消す栄養素をバランス良く配合

したを飲むことが大事なのです。

薬局に行けば、沢山のシミを消す作用がある美白サプリメント

売られていますが、確実に効果が欲しいのなら下記の5つの成分を

含むを選ぶようにするといいようです。

シミを抑えるにはビタミンCですね。

外側からシミを防ぐL-システイン

内側からのシミを防ぐNアセチルシステイン

飲むUVケアと呼ばれているPABA

肝斑にはトラネキサム酸(医薬品)

を含むと生活習慣、ストレス、食生活などを見直してシミを予防しましょう。
アクセスアップ
posted by 雪 at 11:08 | TrackBack(0) | シミ消し薬  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。